姫路市周辺で田舎暮らし|合同会社ダイニス > 合同会社ダイニスのスタッフブログ一覧 > 不動産購入における共有名義とはなに?メリット・デメリットについてご紹介

不動産購入における共有名義とはなに?メリット・デメリットについてご紹介

≪ 前へ|スマートハウスとは?購入するメリットや費用をご紹介   記事一覧   不動産売却に向けて用意すべき必要書類について解説!|次へ ≫

不動産購入における共有名義とはなに?メリット・デメリットについてご紹介

不動産購入における共有名義とはなに?メリット・デメリットについてご紹介

この記事では、これから不動産購入を検討している方に向け、共有名義とはなにかをご説明します。
共有名義にすることによるメリットやデメリット、これらを両方知ることによって、どう判断すれば良いのかわかるようになります。
不動産購入を共有名義でお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入における共有名義とは

共有名義とは、共同で出資し、出資した金額の割合に応じた所有持分で登記をすることです。
夫婦2人で不動産購入をする場合、それぞれの収入に応じた金額を出し合うイメージと言えば良いでしょうか。
ただ、出資する金額に特別な決まりはありませんが、登記する際の所有持分は必ず出資額の割合と同じにする必要があり、これから外れると贈与とみなされることもあるため注意が必要です。

不動産購入を共有名義にするメリットとは

共有名義にすると、単独では購入できないような高い不動産を購入できるメリットがあります。
収支合算することで借り入れ額を増やせるためです。
また、マイホームを共有名義にすることによって、住宅ローン控除をそれぞれが受けられることもメリットです。
節税額が多くなるので、多少高い不動産を購入しても少しは支払いが楽になります。
くわえて、条件を満たすことで売却時の特別控除を2重に受けられることも共有名義にするメリットです。
最高3,000万円まで控除を受けられる特例が、夫婦それぞれに適用されるのです。
マイホームを買うときも売るときも、夫婦それぞれに適用される控除があると覚えておきましょう。

不動産購入を共有名義にするデメリットとは

共有名義で不動産購入をおこなうデメリットは、売却するときには自分1人だけの意思では売れないことです。
たとえ自分の持ち分が9割であったとしても、共有名義ならば共有者全員が売却に合意していなければ売却することはできません。
もし夫婦で共有名義で購入した家を売る場合、そのときに話し合いで決着がつかないと揉めることになります。
売却する場合は名義人全員の同意のうえ、署名と捺印が必要になります。
また、住宅ローン控除が2重に受けられるのはメリットですが、購入時に事務手数料や登記手数料など諸費用が2人分かかってしまうデメリットがあることも覚えておきましょう。

まとめ

不動産購入において、共有名義にすれば借り入れ額を増やせたり、控除を2重に受けられたりするメリットがあります。
しかし、売却時には名義人すべての同意が必要になるなど、面倒な部分もあります。
共有名義にする際はメリット・デメリットを理解したうえで検討することをおすすめします。
私たち合同会社ダイニスは、姫路市を中心に不動産情報を多数取り扱っております。
お客様のご希望に合う住まい探しをサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|スマートハウスとは?購入するメリットや費用をご紹介   記事一覧   不動産売却に向けて用意すべき必要書類について解説!|次へ ≫
  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    合同会社ダイニス
    • 〒671-1241
    • 兵庫県姫路市網干区興浜2160
    • TEL/079-227-7050
    • FAX/079-227-7050
    • 兵庫県知事 (1) 第451651号
      携帯電話 070-4414-8867 (営業時間外対応可)

      不動産キャリアパーソン有資格者 在籍店
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

  • 仲介会社向けサイト
  • いえらぶBB

トップへ戻る